素材の特長Material features

素材には特徴があり、メリットやデメリットがあります。
当社の素材ソムリエは、お客様の要求仕様にお応えできるよう、コストを考慮しつつ最適な素材を選び適切な加工を施します。

Features of three主力3素材の特長

MCナイロン

機械的強度、耐摩耗性が高いのでローラーや受けブロックに使われることが多い 吸水率が高い為にはめ合い公差などの細かい寸法には不向き 食品衛生法に適合させるためには1.5時間沸騰水に漬けておく手間がかかる。

POM

吸水率が低く寸法安定性が良い 自己潤滑性が高い為に優れた摩耗性を持っている 耐摩耗性が高い為にグリップやネジなどに使用されている 食品衛生法に適合している為食品関連のローラー等に使用されている 燃えやすい樹脂なので注意が必要。

UPE

高密度な為高い耐衝撃性に優れPOM、MCナイロンに比べ耐摩耗性に優れる 耐摩耗性に優れている為、搬送機械のガイドレール等の低摩耗係数の求められる用途に使われる 耐薬品性があり食品衛生安全樹脂として使われている。

選定表 特徴 連続使用温度 耐薬品性 食品衛生法 備考
高温 アルカリ 有機溶剤
低温
MCナイロン 901(青) 機械的強度 耐磨耗性 120 × ○ △ 適合 (1.5時間煮沸)
900NC(白) -40
801(黒) 耐候性 120 × ○ △ 適合 (1.5時間煮沸)
703HL 摺動性 耐摩擦磨耗性 110 × ○ △ 適合(油脂食品不可) (2時間煮沸)
602S 機械的強度向上 耐熱性向上 150 × ○ △ 適合 (1.5時間煮沸)
501CD R2 導電性 120 × ○ △ 適合 (2時間煮沸)
501CD R6 帯電防止 120 × ○ △ 適合 (2時間煮沸)
501CD R9 帯電防止性 耐熱性 150 × ○ △ 適合 (2時間煮沸)
500AS R11 ノンカーボン 帯電防止性 105 × ○ △ 不適合
POM POM-NC 機械強度  耐疲労性 吸水性  機械加工性 95 △ × 適合
POM-BC -60
POMNC(HY) 加工時の 寸法安定性 95 △ × 適合
POMBC(HY) -60
POM-HL (受注生産) 滑り性能 95 △ × 適合
POM-NH デルリン 絶縁性 機械的強度 85 △ × ○ △ 適合
-60
U-PE 耐摩耗性 自己潤滑性 耐衝撃性 95 -60 備考 適合 基本○ 濃硝酸×
導電(黒) 導電性 耐紫外線製 80 備考 適合 基本○ 濃硝酸×
帯電防止 帯電防止性 耐紫外線性 80 備考 基本○ 濃硝酸×
耐摩耗黄色 耐摩耗性 80 備考 適合 基本○ 濃硝酸×
耐磨耗セムラ 黄色よりもさらに 耐摩耗性を向上 80 備考 適合 基本○ 濃硝酸×
SL 低磨耗グレード 摺動性 低磨耗係数 80 備考 適合 基本○ 濃硝酸×
PET-P 基本グレード 寸法安定性  食品衛生性 摺動性  絶縁性 100 弱酸 ○ × ○ △ 適合
摺動グレード 寸法安定性 摺動性 100 弱酸 ○ × ○ △ 適合
66ナイロン PA66 機械的強度 耐摩耗性 120 × ○ △ 適合
MDグレード POM ベース材に磁性体添加 95 △ × 適合
U-PE 80 備考 適合 基本○ 濃硝酸×
金属探知機検出
6N 110 × ○ △ 適合
ポリカ PC 耐衝撃性 耐熱、耐光性 120 × × 適合グレードあり
-40
アクリル PMMA 高透明度 高光線透過率 80~90 × × × × 適合
PEEK 基本グレード 耐薬品性 機械的強度 250 適合
-50
摺動グレード 摺動性 耐摩耗性 250 適合
ガラス繊維 強化 剛性・耐クリープ性 寸法安定性 250 適合
カーボン繊維 強化 導電性  耐摩耗性 剛性・耐クリープ性 250 適合
PEI 基本グレード 機械的強度 絶縁性 170 ○ △ ○ △ 適合
ガラス繊維 強化 寸法安定性 剛性 170 ○ △ ○ △ 適合
PPS 基本グレード 機械的強度 耐薬品性 220 適合
-20
摺動グレード 摺動性 220 適合
PTFE 耐熱 耐候、耐薬品性 低摩擦特性 260 適合
-100
PCTFE 低浸過性 機械的強度 120 適合
PFA 260 適合
PVDF 150 適合